がんばれニッポン! 平昌オリンピック スキー アルペン競技

いよいよ迫ってきました平昌オリンピック!

今回はスキーのアルペン競技を紹介します。

試合日程

2月12日 10:15~11:55  13:45~15:35 女子大回転
2月14日 10:15~11:50  13:45~15:25 女子回転
2月18日 10:15~12:10  13:45~15:45 男子大回転
2月22日 10:15~12:10  13:45~15:40 男子回転

スキーの回転、大回転は、2回滑走して合計時間で勝負です。

スキーアルペン競技の選手団

湯浅直樹(回転) 「スポーツアルペンスキークラブ」

1983年4月24日生まれ 34歳 中京大学大学院出身

石井智也(大回転)「ゴールドウインスキークラブ」

1989年5月23日 28歳 東海大学出身

石川晴菜(大回転) 「木島病院」

1994年7月20日 23歳 北照高校出身

安藤麻(回転) 「東洋大学」

1996年4月24日 21歳 東洋大学3年

湯浅 直樹(回転)

もう日本スキー界をけん引するベテランと言える存在です。

回転を得意とし、トリノオリンピック(2006年)で7位入賞しています。

ソチオリンピック(2014)では2回目にコースアウトしてしまいましたが、これまでW杯で3位に入ったこともある実力者です。

2017年12月に左膝の骨挫傷という大けがをしてしまい、今はリハビリの最中です。

そのため、1月22日のW杯は回避。

世界ランクは33位まで後退してしまいました。

しっかり治して、平昌オリンピックでは一発当てて欲しい所です。

石井 智也(大回転)

世界ジュニア選手権(2009)回転で銅メダル。

日本選手権(2014 2015 2017)で大回転優勝。

現在は拠点をオーストリアに置き、トレーニングの毎日です。

W杯転戦には1年で1000万円ほどかかるそうで、

個人のクラウドファウンディングなども立ち上げておりました。

ここらへんで歴史に名を刻み、経済的にもワンランク上を目指して下さい。

石川 晴菜(大回転)

中学高校と全国大会で活躍していた石川選手。

2017年12月の全日本選手権でようやく花開き優勝し、代表の座を射止めました。

こちらも石井選手同様、資金難から競技をあきらめかけたそうです。

それが、石川県スキー連盟の協力で「崖っぷち募金」を開始。

勤務先の「木島病院」にも助けられ、ようやくこぎつけたオリンピック。

ぜひ最高の成績を収めて下さい。

スポンサードリンク

安藤 麻(回転)

世界大会では石川選手よりも活躍した感のある安藤選手。

ユニバーシアード(2017)の大回転で優勝しています。

同じく2017年のユニバーシアード、スーパー大回転でも銅メダルと、今一番成長している選手です。

これは、同年代の中で世界一なのですから、すごいですね。

こういう選手は、1か月で大化けするかもしれません。

過去の日本人選手の記録は(スキーアルペン)

男子回転 2位 猪谷千春(1960年 コルティナ・ダンペッツォ)

男子回転 4位 皆川賢太郎(2006年 トリノ)

男子回転 7位 湯浅直樹(2006年 トリノ)

女子の入賞は、これまでありません。

平昌オリンピックで歴史が動くか。

期待です!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする