昭和のアイドル宮崎美子、衝撃的に可愛かったあの頃

熊本大学出身、今やクイズ番組の女王に君臨する才色兼備で性格も(たぶん)良い宮崎美子さん。彼女の登場は、まさに衝撃的でした。すごい美人は他にもたくさんいましたが、無邪気な笑顔と水着になった姿のギャップで、日本人の半数を虜にしたことはまちがいありません。CMで衝撃的なデビューをしたものの、正直言うと可愛いだけの一発屋と思われていました。それが、今やテレビ界になくてはならない人物になろうとは、本人も予想していなかったに違いありません。

スポンサードリンク

ミノルタカメラCMの衝撃

小さい頃から頭が良く、博学の少女で有名だったようです。高校入試もほぼ満点に近い得点でトップ合格。熊本大学法文学部では、彼女のブロマイドも出回っていたとう話。頭が良くて可愛くて、天は完璧な二物を与えたもうたようですね。

もともとはジャーナリスト志望だった宮崎美子さんですが、大学では法曹界を考えていたという。もし、そちらの道に進んだら、「美人の最高裁判事」なんて話題になったかもしれません。

大学3年の時、篠山紀信が撮る雑誌の表紙モデルに応募し当選したことから、ミノルタのCMに抜擢となりました。

TシャツにGパンスタイルから、それらを脱いで水着になる様子と、こちらの視線に気づいて笑顔を向ける表情が、爆発的な人気となり、予定されていた別のモデルの計画をなぎたおして第2段のCM撮影。さらには「いまの君は~ぴかぴかに光ってえ~」のCMソングにまで人気に火が付き、実はCMの部分しかなかった曲(とは言えないメロディの断片)が、その後完璧な歌謡曲となって再登場したり、もう大変な騒ぎでありました。それが、1980年の出来事です。

一発で終わらなかった理由は

ぽっちゃり体形でモデルとしては異色の存在でしたが、その後、順調に芸能界を生き抜き、出演した映画は実に50本以上、テレビドラマもゆうに100本を超えています。その合間にバラエティ番組や舞台もこなすマルチぶりです。

でも、どうしてこんな風に生き残れたのでしょうか。ここからは想像ですが、何にでも対応できる知識と、人柄の良さではないでしょうか。いろいろなスポーツに精通し、漢検1級も取得しています。若い頃は自動二輪の免許も取っているなど、アクティブにいろいろな挑戦をしてきたようですし、どんな番組にも合わせられる器の広さがあるのでしょう。それに、天然といえる無邪気な雰囲気。あれが鼻に着くという人もいるようですが、どこまでも人の良さを感じます。同じ実力の芸能人から誰を選ぼうかと考えた時、気難しい人や性格の悪い人とは仕事をしようとは思わないはず。多くの番組に呼ばれ続けているというのは、人柄と考えて間違いないでしょう。

これで頭が良くて博識で、クイズ番組にも強いときたら、向かうところ敵なしですね。しかもいまだに可愛いし。

スポンサードリンク

まとめ

ミノルタカメラの衝撃的なデビューから、一発屋で終わることなく着々と芸能界に足跡を残してきた宮崎美子さん。今でもテレビドラマやバラエティ、そしてクイズ番組と、彼女を見ない日はないと言える人気者です。もうすぐ還暦とは思えない(ほんとに思えませんね。)無邪気な笑顔と美貌、豊富な知識、そして(たぶん)性格の良さで、これからも芸能界をけん引してくれる存在でしょう。

いまでも可愛い宮崎美子さんですが、今の彼女だけしかしらない世代に言いたい。デビュー当時の彼女は、ほんとに可愛かった。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする