がんばれニッポン! 平昌オリンピック スケルトン競技

平昌オリンピックが迫ってきました。

がんばれニッポン!

メダルの期待は、ジャンプやフィギアスケート、ノルディック複合などでしょうか。

でも、ちょっとマイナーな競技(ごめんなさい)も頑張ってますよ。

もしかしたら一番恐ろしい競技、スケルトンです。

スポンサードリンク

スケルトン競技とは

写真を見て下さい。

「やめてくれー!」の世界です。

ボブスレー・リュージュのコースを使い、うつぶせになって滑ります。

時速は140Km/時になるとか。

これを、身体のバランスだけでそりをコントロールして速さを競います。

一番重要なかじ取りは、肩と膝です。

もし、バランスを崩したら、

時速100キロオーバーでコース外に飛んでいく・・・

オリンピックの日程は

ルールは4回滑って合計タイムで競います。

2月15日 10:00 男子 1回目

11:20 男子 2回目

2月16日   9:30 男子 3回目

10:45 男子 4回目

20:20 女子 1回目

21:20 女子 2回目

2月17日 20:20 女子 3回目

21:30 女子 4回目

命知らずの選手団

髙橋弘篤

1984年4月13日生まれ 33歳 仙台大学出身

スケルトン男子
宮嶋克幸 「仙台大学」

1995年12月27日 22歳 仙台大学4年

スケルトン男子
小口貴子 「丸善食品工業株式会社」

1984年8月8日 33歳 仙台大学出身

スケルトン女子

髙橋弘篤

顔がわからないので

なかなかいい男です。男!って感じ。

宮城県出身で、19歳からスケルトンを始めてます。(仙台大学ですね。)

全日本選手権は4度制覇!

特に、そりを押すダッシュ力に定評があります。

所属はありませんが、クラウドファウンディングで資金を集め、

スポンサードリンク

練習を続けています。

ソチオリンピックにも出場しており、その時は12位。

宮嶋克幸

ふつうのお兄さん感満載です。

とても命知らずな選手とは思えないギャップがかわいい。

大学4年生の新星です。まだ国際経験は豊富とは言えず、ワールドカップも20位台です。

しかし、彼の持ち味はトップスピード。最高速度は大会でトップテン入りしているそうですから、技術に磨きがかかれば大化けするかもしれません。

小口貴子

こちらもふつうのかわいこちゃん。

ギャップあるなあ。これもスケルトンの魅力?

石川県輪島市出身ですが、やはり仙台大学出身。

スケルトンの成績は、

今年度、日本選手権優勝!

今期のワールドカップは16位が最高です。

まとめ

過去には、越和宏というすごい選手がいました。

W杯で年間総合2位を2回取っている世界の強豪です。

ソルトレークオリンピックで8位入賞を果たしています。

目標は、越選手の記録更新になりましょうか。

スケルトンというマイナーな競技に日々取り組む3選手。

マイナー競技ゆえの資金難もありそうです。

(髙橋弘篤選手は、クラウドファウンディングも立ち上げてます。)

スケルトンは、とにかく何があるかわかりません。

4本ミスなくそろえれば、チャンスはあるはず。

がんばれ!ニッポン!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする