「ウォルター少年と、夏の休日」 隠れた名作映画 その1

映画館で話題の作品を見る楽しみ。

少々高くてもチケットを買い、最新の音響設備の中で映画に酔いしれる。

これは無上の楽しみのひとつ。

だけど、隠れた名作を「ツタヤ」あたりで発見して、静かに部屋で見るのも楽しいものです。

今回は、「ウォルター少年と、夏の休日」を紹介します。

スポンサードリンク

「ウォルター少年と、夏の休日」のあらすじ

舞台は1960年代のアメリカ、テキサス。ウォルター少年は、夏休みに大叔父さん兄弟の家に預けられます。なぜか莫大なお金を持って帰って来たじいさん2人には、金めあてにいろいろな業者や寄付の願いが殺到します。それらを鉄砲で追い払うじいさんたち。

その莫大なお金はどうやって手に入れたのか。粗暴に見えるじいさんの様子から凶悪な犯罪を疑うウォルター。

ハブとガースの兄弟は、ウォルター少年に「若き日の冒険物語」を話して聞かせます。でも、それはとても信じられない大ぼらに思えました。

「ウォルター少年と、夏の休日」のみどころ

一見するとよぼよぼのじいさんが、不良少年グループを一蹴したり、軽飛行機でぶっ飛んだりと、年寄りパワー全開で、見ていてスカッとする映画です。

そして、ほら話?がまたいい。美しい姫をめぐってアラブの首領と大活劇の末、敵を打ち負かして姫を手に入れたというのですから。

登場人物は、大きくくくると

「よくわからないがお金持ちの兄弟」

「その金を狙う人々」

「お金の相続のために母親から派遣された少年ウォルター」

という3者に分類できますが、じいさん二人に不信感をもちつつ魅かれていくウォルター少年の心の変化も見逃せません。

物語の最後に明らかになる「莫大な金」の出どころも、なかなか洒落ています。

できるならばこんなじいさんになりたいと、願わずにはいられません。

役者さんたち

ロバート・デュヴァル

「ゴッドファザー」や「地獄の黙示録」にも出演した名優。出演作品は数知れず。

マイケル・ケイン

最近では、「バットマン」シリーズの執事、アルフレッド役としてご存知の方も多いのでは。

ハーレイ・ジョエル・オスメント 覚えてますか?

スポンサードリンク

そうです。AIに出ていた少年です。懐かしいですね。

まとめ

「ウォルター少年と、夏の休日」は、荒唐無稽・奇想天外なストーリーと、ほのぼのとする爽快な余韻を残す、隠れた名作です。

退屈な日々の生活からちょっと脱出して、空想の旅に出るのも悪くありませんよ。

じんせい100年時代に見ておくべき、理想の年寄り像のひとつとしても、見る価値ありです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする