ドキュメント72時間 日本ダービー大行列

すみません。
競馬、したことないんです。
(謝ることないか。)

今回の「ドキュメント72時間」(7月20日)は、日本ダービー3日前からの行列です。

どんなタイプの人間が集まるのか、ちょっと興味が湧きますね。

スポンサードリンク

番組にはこんな人が出てました

3日間ゆっくり読書する機会って、そうそうないかも。
その意味では、こんな経験も悪くない。
でも、それも天候次第かな。
(ちなみに、この場所は屋内ですが。)

社会保険労務士さん。
病気で亡くなった奥さんとの思い出があるんだって。
「悲しんでいるより、楽しくしていた方が、
妻も喜んでくれるって、勝手に解釈して。」

その気持ち、よくわかります。

こういう話には弱いなあ。

他にも、人間関係に疲れて仕事を辞めた青年や、

病気を患い、ここに来れたことに幸せを感じるおじさんなど、

ごくごく普通の人が集まっているようです。

昔の競馬のイメージは、今はもうないみたいです。
(と言っても、昔の様子も正確には知りませんが。)

シートだけ置いて、いなくなる人は、
係員がシートを外していく。
これ、いいですね。
時々、行列の不正に出会うと怒りが収まらないですから。

昔、一人か二人並んでいた場所に、仲間が10人近く入り込んでトラブルになったのを見ました。すごく険悪な雰囲気になりました。そうならないように、不正にはきちんと対応する姿勢は維持してほしいところです。

せっかく並んでいたのに、朝食を買いに行ったタイミングで列の移動があり、最後尾に並び直した青年がいました。文句も悪態もなく、仕方がないと諦めて並び直し、それで落ち込むでもない様子の青年。彼の馬券が当たってるといいなあ。

「並んでいると団結力が生まれる。」

スポンサードリンク

こんな発言もありました。
うーん、競馬に興味はないけれど、並びたくなってきた。

開場と同時に、やっぱり走るんですね。

10分前に屈伸やらストレッチしてる姿、笑えました。

こういうことに本気になれること、ある意味大切です。

12万人。すごい人気です。

日本ダービーについて

日本ダービーの正式名称は「東京優駿」といいます。

出走資格は3歳馬と書いてありました。(ウィキペディア)

優勝賞金は2億円。
(有馬記念、ジャパンカップの3億円に次ぐ高額賞金)

会場は東京競馬場(府中市)です。

たくさんのレストランもあって、楽しそうです。

でも、実際のレースはそんなに多くないのですね。

次回は10月6日の「サウジアラビアロイヤルカップ」です。

それまでは、地方の競馬場で毎週レースがあるようです。

詳しくはJRAホームページで見てください。

コースの距離は2400m。
今年(2018年)の優勝タイムは「ワグネリアン」の2分23秒6。

およそ時速60Kmで駆け抜けます。

100mを5秒98で走ります。

馬って早いね。
(当たり前か。)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする