トランプ暴露本の日本語出版が2月下旬発売。ドラマ化の配役は誰かな。

早川書房は12日、米国でベストセラーとなっているトランプ米政権に関する暴露本「炎と怒り」の日本語訳版を2月下旬に発売すると発表した。
邦訳版のタイトルは「炎と怒り:トランプ政権の内幕」の予定で、価格は1800円(税別)という。  2018年1月12日 16時19分 産経新聞

日本語版は、すでにAmazonでは予約受付を開始

値段は1994円。

買って読む価値があるかどうかは、ここでは判断不能ですが、発売1週間で100万部を突破したエネルギーの本です。試しに買ってみようと思います。

(読書レビューは後日改めて・・)

200人を超えるホワイトハウス関係者へ取材が中心という話ですが、当初はトランプ政権も積極的に取材協力していたそうです。それが、作者のマイケル・ウォルフの立ち位置の変化に伴い、出版停止の要請をしたり、「内容は全くの事実無根」とコメントするなど、対抗姿勢をあらわにしています。

敵意むき出しというのは、内容を認めているようなものですけどね。

原書を読む力がないもので、断片的に聞こえてくる内容をまとめると、

〇側近に「お前はホームレスか。何日も同じズボンはいて。」

〇娘を大統領にしたいと考えている。

〇毒殺を恐れて身の回りのものにさわらせない。

〇ほんとは大統領になるつもりはなかった。

ほかにもいろいろなゴシップネタが披露されているようですが、

身体的な欠点や私生活(それも夜の)については、ここでは触れないでおきましょう。

(サイトの価値が下がりそうですから。)

そんなことよりも、

あの「稀に見る普通でない人」を、周囲が何を考え、どう戦略を立てて選挙運動を展開したのか。サポートする側近たちが、トランプさんをどう見ているのか。ロシア疑惑というものはほんとうにあったのか。親族を重用するあの態度に何も思わないのか。そもそもトランプさんに大統領としての力があるのか。

興味は尽きません。

ところで、この本の内容がテレビドラマ化になるそうです。

[ロサンゼルス 17日 ロイター] – コラムニストのマイケル・ウォルフ氏が執筆した米トランプ政権の内幕を描いた暴露本「炎と怒り」がテレビドラマ化される見通しになった。バラエティーやハリウッド・リポーターなど米エンタメ情報誌が17日報じた。

配役がどうなるのか、とても楽しみです。

アレックス・ボールドウィンが、トランプものまねをしているとか。

いつのまにか、こんなおじさんになったのですね。

スポンサードリンク

そうそう、これですよ。知ってるアレックスは。

イヴァンカさん、美人だから本人がやってほしいけど、

エミリー・ラタコウスキーなんかが、やってくれないかな。

それなら、ぜったい見ますよ。

まずは、日本語版の本読もうっと!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする