90回アカデミー賞ノミネートのメイクアップアーティスト、辻一弘の業績

KAZUHIRO TSUJI 公式ホームページ より

辻一弘氏の生い立ちと成功まで

辻一弘氏は、現在48歳。

京都出身です。

子どもの頃に「スターウォーズ」を見た辻氏は、その時点で特殊効果の仕事を目標にし、

中学生時代から映画やミニチュアの制作を始め、

平安高校時代に特殊メイクを独学で学んだというのですから、

かなり思い入れがあったようですね。

メールなんかない時代に、ディックスミス氏(エクソシストのメイク担当、新しいマスクの技法を開発するなど、すばらしい人で、アカデミー賞も受賞)に手紙を出して文通を始め、勉強を続けます。

こんなバイタリティがあれば、たいていのことはできますね。

高校卒業後は、江川悦子の「メイクアップディメンションズ」に所属。

代々木アニメーション学院の特殊メイク講師を務めます。

ここまで、学校で学ぶということはしていないようですね。

どの業界でも、トップランナーは環境の揃わない場所でも力を発揮できるということです。

1996年に渡米し、あこがれのディックスミス氏に師事。

続いてリック・ベイカー(ディックスミス氏の弟子で、辻の兄弟子。アカデミー賞を7回受賞して殿堂入りした人物)の「シノベーションスタジオ」というメイク工房に所属し、様々な作品に関わりました。

主な参加作品は

メン・イン・ブラック

キャリー

八月の狂詩曲

ミンボーの女

ワイルド・ワイルド・ウエスト

PLANET OF THE APES/猿の惑星

ザ・リング

ホーンテッドマンション

魔法にかけられて

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

天使と悪魔

一度は引退していた

引くて数多の大人気特殊メイクアーティストだった辻氏は、

2011年に引退。

有名人の胸像をリアルに制作するという芸術家に転身します。

スポンサードリンク

これが胸像!?

「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」で復帰

主演のゲイリー・オールドマンの熱烈なラブコールに負けて、

久々に映画業界復帰した辻氏。

コールドマンをチャーチルに作り変えた特殊メイクは、誰もが「完璧」と称賛する出来ばえで、

今回のアカデミー賞ノミネートとなったわけです。

アカデミー賞の前しょう戦になる、
米メイクアップ・アーティスト&ヘア・スタイリスト組合(MUAHS)賞特殊メイク効果部門、英国アカデミー賞などにノミネートされている。 1月23日 映画.com

授賞式は3月4日(現地時間)です。

すでに2度ノミネートされており、辻氏を映画界に引き戻す作戦として、受賞させちゃうということも考えられるかもしれません。

もちろん、技術は最高ですから、そんな思惑も関係なしに受賞して欲しいです。

楽しみに待ちましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする