平成時代ベストテン 私的ベストセラー その2

平成前期のベストテンは、いかがでしたか。

今回は、平成中期です。

平成11年~20年

平成11年(1999年)

五体不満足
乙武洋匡
講談社
子どもにウケる科学手品77
後藤道夫
講談社
バースデイ
鈴木光司
角川書店
「少年A」この子を生んで
「少年A」の父母
文藝春秋
永遠の仔
天童荒太
幻冬舎
伊藤家の食卓 裏ワザ大全集
太田 穣ほか編
日本テレビ放送網

乙武さん、出てきましたね。登場時の好青年ぶりが懐かしい。

子どもにウケる科学手品もウケました。

平成12年(2000年)

だから、あなたも生きぬいて
大平光代
講談社
話を聞かない男、地図が読めない女
アラン・ピーズ
角川書店
ハリー・ポッターと賢者の石 ハリー・ポッターと秘密の部屋
J.K.ローリング
静山社
子どもが育つ魔法の言葉
D.L.ノルトほか
PHP研究所
人生の目的
五木寛之
幻冬舎
君ならできる
小出義雄
幻冬舎

この年からは、ハリーポッターの時代に突入です。

平成13年(2001年)

チーズはどこへ消えた?
スペンサー・ジョンソン
扶桑社
ハリーポッターと賢者の石 ハリーポッターと秘密の部屋 ハリーポッターとアズカバンの囚人
J.K.ローリング
静山社
金持ち父さん貧乏父さん
ロバート・キヨサキ シャロン・レクター
筑摩書房
プラトニック・セックス
飯島 愛
小学館
声に出して読みたい日本語
齋藤 孝
草思社
模倣犯
宮部みゆき
小学館
なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣
ケリー・グリーソン
PHP研究所
ザ・ゴール
E.ゴールドラット
ダイヤモンド社

この年は、ビジネス書の名作も生まれていますね。「ザ・ゴール」も読ませる本でした。

平成14年(2002年)

ハリーポッターと賢者の石

ハリーポッターと秘密の部屋ハリーポッターとアズカバンの囚人ハリーポッターと炎のゴブレット

J.K.ローリング
静山社
ビック・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本
向山淳子ほか
幻冬舎
世界がもし100人の村だったら
池田香代子ほか
マガジンハウス
青空のむこう
A.シアラー
求龍堂
本当の学力をつける本
陰山英男
文藝春秋
海辺のカフカ
村上春樹
新潮社

ハリーポッター旋風はまだまだ吹き荒れてます。

平成15年(2003年)

バカの壁
養老孟司
新潮社
世界の中心で、愛をさけぶ
片山恭一
小学館
「体を温める」と病気は必ず治る
石原結實
三笠書房
ユダヤ人大富豪の教え
本田 健
大和書房
有効期限の過ぎた亭主・賞味期限の切れた女房
綾小路きみまろ
PHP研究所
新ゴーマニズム宣言SPECIAL戦争論
小林よしのり
幻冬舎
「原因」と「結果」の法則
ジェームズ・アレン
サンマーク出版
ブレイブ・ストーリー(上・下)
宮部みゆき
角川書店

この年は、地味だけど良い本がありますね。「ゴーマニズム宣言」は、読んでないのでわかりませんが、東大一直線が稀代の論客になっちまいましたね。

平成16年(2004年)

ハリーポッターと不死鳥の騎士団(上・下)
J.K.ローリング
静山社
13歳のハローワーク
村上 龍 はまのゆか・絵
幻冬舎
冬のソナタ(上・下)
キム・ウニ ユン・ウンギョン
日本放送出版協会
電車男
中野独人
新潮社
ダ・ヴィンチ・コード(上・下)
ダン・ブラウン
角川書店
博士の愛した数式
小川洋子
新潮社

13歳のハローワークは、学校図書館の常備薬、じゃなくて常備本です。クラス用に40冊買ってある学校もあるといいます。「エッチが好きな人」へのアドバイスに、「人が好きだから、人を相手にした仕事を考えては。」とナイスなコメントがありました。

平成17年(2005年)

「もっと、生きたい・・・」
Yoshi
スターツ出版
恋バナ(青・赤)
Yoshi
スターツ出版
ハッピーバースデー
青木和雄 吉富多美
金の星社
生協の白石さん
白石昌則 東京農工大学の学生の皆さん
講談社

ケータイ小説もだいぶ認知されてきました。

スポンサードリンク

生協の白石さんには、私も会いたいと思ったものです。

平成18年(2006年)

国家の品格
藤原正彦
新潮社
ハリー・ポッターと謎のプリンス(上・下)
J.K.ローリング
静山社
東京タワー
リリー・フランキー
扶桑社
えんぴつで奥の細道
大迫閑歩書 伊藤 洋監修
ポプラ社
病気にならない生き方
新谷弘実
サンマーク出版
人は見た目が9割
竹内一郎
新潮社
鏡の法則
野口嘉則
総合法令出版
陰日向に咲く
劇団ひとり
幻冬舎
恋空(上・下)
美嘉
スターツ出版
美しい国へ
安倍晋三
文藝春秋
容疑者Xの献身
東野圭吾
文藝春秋
オシムの言葉
木村元彦
集英社インターナショナル発行 集英社発売
他人を見下す若者たち
速水敏彦
講談社

生き方の本、世相を反映した本、さまざまですね。相変わらずハリーポッター強し。

平成19年(2007年)

ホームレス中学生
田村 裕
ワニブックス
鈍感力
渡辺淳一
集英社
一瞬の風になれ 
佐藤多佳子
講談社

ホームレス中学生を読んだときは、こんな世界が現代日本になるのだと、プチ衝撃。

平成20年(2008年)

ハリー・ポッターと死の秘宝
 松岡佑子 訳
静山社
夢をかなえるゾウ
水野敬也
飛鳥新社
B型自分の説明書
Jamais
文芸社
O型自分の説明書
Jamais
文芸社
A型自分の説明書
Jamais
文芸社
AB型自分の説明書
Jamais
文芸社
おひとりさまの老後
上野千鶴子
法研
余命1ヶ月の花嫁
TBS「イブニング・ファイブ」編
マガジンハウス

血液型の本が流行した年だったのですね。しかし、人類を4パターンで説明する潔さと、それを信じる日本人には、計り知れぬ凄さを感じてしまいます。

それでは、この10年の筆者のベストテン!

第1位 「一瞬の風になれ」 佐藤多佳子

 ※クールで熱い少年たちの陸上にかける3年を描く、最高におもしろい青春小説の金字塔!

第2位 「ハリーポッターと秘密の部屋」J・Kローリング

 ※それまでに存在しなかった新しい世界を描き、世界的ブームになった名作。映画も良いが、本もスリル満点。

第3位 「金持ち父さん貧乏父さん」ロバート・キヨサキ

 ※仕事という概念を変えてくれた一冊です。今読んでも新しい。もはやビジネス書の教科書と言ってもよい内容。成功を収めた投資家や起業家で、この本を読んでいない人の方が少ないかもしれません。

第4位 「ダ・ヴィンチ・コード」ダン・ブラウン

 ※キリストの隠された謎を探る奇想天外のストーリー。キリストに隠し子がいたという設定は、キリスト教徒信者からかなり責められた本だとも聞きました。そりゃあそうですよね。 ダン・ブラウンのシリーズ作品も外さないおもしろさでした。

第5位 「永遠の仔」天童荒太

 ※いやー、せつない物語でした。児童養護施設で育った1人の少女と少年2人の奇妙な友情と愛情を軸に、人のもつ性と苦しみをリアルに描く作品です。テレビドラマにもなりました。

6位 「世界がもし100人の村だったら」池田香代子

 ※わたくし個人の話ですが、池田香代子さんの講演会に行ったことがありまして、その会場でサイン入りの本をシリーズ全部買った思い出があります。世界の様子を明快に説明した傑作と言えましょう。

第7位 「ザ・ゴール」E.ゴールドラット

 ※ちょっとマニアックですが、企業経営者は読んでおくといいでしょう。効率とは何かを知る良書です。

第8位 「オシムの言葉」木村元彦

 ※元日本代表監督のオシムが長期政権なら、日本のサッカーは今より大きく進化したことでしょう。病気によるリタイアが、あまりに惜しい。でも大丈夫、この本があればオシムの心を感じることができる。

第9位 「生協の白石さん」白石昌則 東京農工大学の学生の皆さん

 ※学生たちの生協への投書。それに丁寧に返事を書く白石さんの人柄と器の大きさ、そしてウイットとユーモア。今のぎすぎすした世の中に合って、「これが正しい人間のありかただ。」とまで思わせてくれる。ぜひ白石さんを人間国宝に!

第10位 「子どもが育つ魔法の言葉」D.L.ノルト

 ※子供を育てるって大変。どうしてかって?それは自分の子ども時代を忘れてしまったから。自分が子供のころ、大人にどんな言葉で話してもらいたかった?それを子どもに返してあげればいい。そんな当たり前のことに気づかせてくれる本です。子供ができたら必ず読むべき一冊。

平成も、様々な名作、話題の本が生まれました。

次回は平成後期です。こちらもすばらしい作品が目白押しです。

特に小説に光るものが多かったですね。

では、またお目にかかりましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする