オールブラックスの精神を明らかにしたビジネス書

この本、最高におススメです!!

世界最強のラグビーチームの知られざるチームづくりを大公開。元ラグビー日本代表主将の廣瀬俊朗氏も絶賛する組織づくりやリーダーシップの育て方、そして個人の成長にも必ず役立つ秘訣が詰まっている。スポーツ書であり、自己啓発書であり、ビジネス書でもある最強の一冊! (Amazon)

オールブラックスの一員であることの意味は何か。ニュージーランド人であることは何を意味するのか。世界最強集団“オールブラックス”の知られざるチームづくりを世界初公開!! (本の帯のコメント)

いわゆる「自己啓発書」「ビジネス書」として、かなり上位にランクされる本でしょう。

はじめは、昨今の日本ラグビーの隆盛と人気にあやかった本なのかと、あまり期待もしないで読み始めました。しかも、文章が少々回りくどいというか、すんなりと頭に入ってこないスタートで、危うく読み飛ばすところでした。(ふう、あぶないあぶない・・)

大部分の本は、著者のウリ(これだけは言いたい!聞いて!)が初めの方に書いてあり、後半はその説明をくだくだと書き連ねるものです。少ない内容をいかに効率よく配置して、読者を騙して買わせようとするかが勝負なのかもしれません。

でも、、この本は違いますよ。

人生で成功するための知識や行動規範が満載です。

それは、単にオールブラックスの行動規範にとどまらず、世界の著名な成功者の言葉や行動をわかりやすく伝えています。

かなりコスパの高い本ですよ。

本の中で光った言葉を、ちょっとだけ紹介しますね。

・ロッカールームの掃除の話(強いチームほど・・)
・人はあなたのすることに対してお金を払うのではなく、なぜそれをするのかに対してお金を払う
・ジャージの価値を高め、受け取った時よりも良い状態で次に回すのが役割
・カヌーから大砲を打つことはできない
・体力を消耗するのは目の前にそびえている山ではなく、靴のなかの小石
・禿た、白髪、関節炎、しわ、などを使った文章を作ったグループは、検査後、歩く速度が遅かった(イメージが身体に作用する)
・戦いの勝敗は、観客から遠く離れたところですでに決まっている

この中で私が最高にしびれた一節があります

銀行家であり慈善家でもあるJPモーガン氏に関するこんな話がある。

スポンサードリンク

彼は、「成功を約束する基本原則」が入った封筒を差し出され、そこに書かれた助言が気に入れば2万5000ドルを支払うことに同意した。

モーガンは、うなずき、支払った。

その助言とはどんなものだったのか。

すみません。もったいなくて書けません。

2万5000ドルの価値のある言葉を、私は1600円で手に入れました。

たった2行の簡単な言葉ですが、これを実践しています。

続ければ、必ず成功する。そんな予感があります。

よろしければ、購入してこの言葉を探して下さい。

(うわー、いじわるだったかな?)

こんなすごいことが、本の後半に書いてあるのですよ。

すごいと思いません?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする