平成時代ベストテン 私的ベストセラー小説その1

平成の30年間で、話題になった本を振り返ってみましょう。

販売数ランキングは他のサイトに任せて、ここでは私的な感想を織り交ぜながら振り返ってみます。

平成元年〜10年

平成元年(1989年)

TUGUMI 吉本ばなな 中央公論社
キッチン 吉本ばなな 福武書店
時間の砂 シドニィ・シエルダン アカデミー出版
白河夜船 吉本ばなな 福武書店
うたかた/サンクチュアリ 吉本ばなな 福武書店
哀しい予感 吉本ばなな 角川書店

このへんは、吉本ばなな全盛期ですね。
シドニィ・シエルダンも頑張ってます。

平成2年(1990年)

愛される理由
二谷友里恵
朝日新聞社
真夜中は別の顔(上・下)
シドニィ・シェルダン
アカデミー出版社
「NO」と言える日本
石原慎太郎・盛田昭夫
光文社
明日があるなら(上・下)
シドニィ・シェルダン
アカデミー出版

「愛される理由」流行りましたね。私も買いました。

内容は、忘れてます。

平成3年(1991年)

Santa Fe
宮沢りえ・篠山紀信撮影
朝日新聞社
もものかんづめ
さくらももこ
集英社
血族(上・下)
シドニィ・シェルダン
アカデミー出版
時間の砂(上・下)
シドニィ・シェルダン
アカデミー出版
だから私は嫌われる
ビートたけし
新潮社

宮沢りえの写真集も、一大ブームでしたね。(買いませんでした。恥ずかしくて・・)

平成4年(1992年)

それいけ×ココロジー それいけ!!ココロジー編 青春出版社
さるのこしかけ さくらももこ 集英社
明け方の夢 シドニィ・シェルダン アカデミー出版
世紀末クイズ 笑っていいとも!編 扶桑社
真夜中は別の顔 シドニィ・シェルダン アカデミー出版

シドニィ・シェルダンは、「読み手が興味を持つキーワードを組み合わせて物語を作る。」という話を聞いたことがあります。文学作品というより、こてこての大衆小説ですね。でも、その開き直りが見事です。何冊か読みましたが、不覚にも引き込まれました。

平成5年(1993年)

マディソン郡の橋 ロバート・ジェームズ・ウォラー 文藝春秋
たいのおかしら さくらももこ 集英社
私は別人 シドニィ・シェルダン アカデミー出版
ワイルド・スワン ユン・チアン 講談社
マーフィーの法則 アーサー・ブロック アスキー
南仏プロヴァンスの12か月 ピーター・メイル 河出書房新社

一世を風靡した作品が並びますね。「マディソン郡の橋」は、なんであんなにフィーバーしたのか、今となっては夢のまた夢。

平成6年(1994年)

大往生 永 六輔 岩波書店
「超」整理法 野口悠紀雄 中央公論社
知の技法 小林康夫ほか編 東京大学出版会

文芸書がないですが、前年のものが引き続きランクインしていたので省略。

平成7年(1995年)

遺書 松本人志 朝日新聞社
松本 松本人志 朝日新聞社
ソフィーの世界 ヨースタイン・ゴルデル 日本放送出版協会
フォレスト・ガンプ ウィンストン・グルーム 講談社
パラサイト・イヴ 瀬名秀明 角川書店
金田一少年の事件簿 天樹征丸 講談社
聖なる予言 J.レッドフィールド 角川書店
脳内革命 春山茂雄 サンマーク出版
あいまいな日本の私 大江健三郎 岩波書店
ホット・ゾーン リチャード・プレスト 飛鳥新社

大江健三郎のノーベル賞受賞がこの時期だったのですね。

スポンサードリンク

「聖なる予言」もなぜか感動して読みました。今は・・・うーん、その時代の勢いというものでしょうか。

平成8年(1996年)

「超」勉強法 野口悠紀雄 講談社
神々の指紋 グラハム・ハンコック 翔泳社
脳内革命(2) 春山茂雄 サンマーク出版
猿岩石日記 猿岩石 日本テレビ放送網
ふたり 唐沢寿明 幻冬舎
EQこころの知能指数 ダニエル・ゴールマン 講談社
ビル・ゲイツ未来を語る ビル・ゲイツ アスキー

 猿岩石は、このへんの年代だったか。

平成9年(1997年)

ビストロスマップ完全レシピ ビストロスマップ制作委員会編 扶桑社
失楽園 渡辺惇一 講談社
少年H 妹尾河童 講談社
7つの習慣 スティーブン・R.コヴィー キング・ベアー出版
鉄道員 浅田次郎 集英社
にんげんだもの 相田みつを 文化出版局
平気でうそをつく人たち M.スコット・ペック 草思社
他人をほめる人、けなす人 フランチェスコ・アルベローニ 草思社
チョコレート革命 俵 万智 河出書房新社

「7つの習慣」は、私の人生を変えた本のひとつです。もっと昔だと思っていましたが、平成だったのですね。

俵万智といえば「サラダ記念日」ですが、こちらは昭和62年(1987年)出版です。

平成10年(1998年)

大河の一滴 五木寛之 幻冬舎
小さいことにくよくよするな! リチャード・カールソン サンマーク出版
ダディ 郷 ひろみ 幻冬舎
ループ 鈴木光司 飛鳥新社
本当は恐ろしいグリム童話 桐生 操 ベストセラーズ
葉月里緒菜写真集 RIONA 篠山紀信 ぶんか社
広末涼子写真集 No Make 熊谷 貫 集英社
土師 守 新潮社

広末涼子のファンですっ!

この中で、私のベストテンは

1位 「7つの習慣」スティーブン・R.コヴィー

 ※私の行動の半分は、この本でできている。私の恩人でありコーチでもある書。みんなに読んでほしい。

2位 「ワイルド・スワン」ユン・チアン

 ※近~現代中国の本当の姿を赤裸々に綴った名作。これからもお付き合いが続くお隣さんを知る上でも、絶対にはずせない本。

3位 「ソフィーの世界」ヨースタイン・ゴルデル

 ※子供向けの哲学書だが、大人が読んでも「人生とは、自分とは、生きるとは。」と問い直せる一冊。お子さんが中学生くらいなら、買ってあげましょう。

4位 「鉄道員」浅田次郎

 ※切なくも温かいお話。文句なしに泣ける。

5位 「ホット・ゾーン」リチャード・プレスト

 ※これは現実なのか、虚構なのか。人類は未知のウイルスに負けてしまうのだろうか。人類存亡の時が迫っていることを痛感し、恐怖する本。

6位 「脳内革命」春山茂雄

 ※心の持ち方で体や健康状態が変わるという、今なら常識になった理論の草分け。この本を読んで、心を前向きにしていこうと決意した、私の恩人でもある。

7位 「南仏プロヴァンスの12か月」ピーター・メイル

 ※どこまでも明るい風景とおだやかな日常に浸る、定年後の理想郷と呼べる一冊。一番素敵な生活って何だろうと思ったら、参考になる一冊。

8位 「真夜中は別の顔」シドニィ・シェルダン

 ※だって、おもしろかったんだもん。

9位 「もものかんづめ」さくらももこ

 ※はじめて「ちびまる子ちゃん」をアニメで見た時のシュールな笑い。その生い立ちを知る上で欠かせない本。さくらももこのシリーズ本は、売れに売れましたね。

10位 「にんげんだもの」相田みつを

 ※なんだかんだ言って、ひとつの世界観を作り上げ、日本人の心に浸透させてしまった偉大な本。有楽町駅から歩いてすぐのところに「相田みつを博物館」があります。こちらにも足を運んでね。

いかがでしたか?

「吉本ばななが入ってないじゃないか!」

ごめんなさい。何冊か挑戦したのですが、ちょっと自分とは合わなくて・・・

でも、昔苦手だった刺身が大好きになったみたいに、今読めば違うのかもしれませんね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする